ドラマ(久々のアップが愚痴ってのも。。)

  • 2014.02.13 Thursday
  • 21:01
久々の更新でガス!

最初に言っときますよ。これはあくまでも俺の考えであります。

2014年の冬ドラマ、毎回なにかしらハマるドラマがあるんですけど今回は『僕のいた時間』ですね。
ずぶっとハマっとります。
去年の暮、あまちゃんに出会い一気見してあまロスに陥る時間もありません(笑)
ドラマって自分が気になるものや観たいものを見るってことでいいと思うんですよね。

え〜なんだっけ。。『ママがいない』ってドラマについて賛否両論ありありでありありのニュースを見ます。
観ましたけど、は?なんだこれ?っていうのが私の感想です。だってフィクション=作り物。。

もう昔の話しですけど小学6年〜中学卒業までとしごの弟と2人。。施設にあずけられて生活していたことがあります。
子供同士の喧嘩、保母さんや先生に怒られることはありました。でもドラマのようなことは一切無かったです。

人との出会いに恵まれたのでしょうね。

世の中には、色々な人間が居るので、色々な意見があって当たり前だと思います。
でも今回、手をあげたそういう施設関係の方々や熊本の病院。。もう少し内容を精査してからでもいいんじゃないのか?って思いました。
手首を切ってしまったお子さんがいるって言ってますけど、私に言わせればなぜそのようなことになるまで気付けなかった!って思いますね。苦情を言っている人達って自分がそうなることを防げなかったことを責任転嫁して恥の上塗りじゃないです?子供が自分の手首を切るなんてあってはいけないこと。。悲しすぎますよ。

防ぐ方法はいろいろとあると思うんですけど、1番は見せないこと。。
その子は、ドラマにあるような経験をしていたのかもしれません。虐待を受けていたとか、言葉の暴力だとか。。
でもその子の境遇を知っているのは、その子のそばに居てあげられる人達なのではないでしょうか?
なぜドラマを見せたの?て本当に思います。

テレビは色々なものを作ってますよね。色々な人がかかわっています。お金も動きますよね〜
全員が同じ方向を向かないといけない物しか作っちゃいけないってなったらどうなんでしょう。

苦情を言っている人達の言い分も理解できますよ。そういう子供も居るんだ!なんでもだだ流れにテレビにするな!ってね。
そういう子が、観たくないのに目にしてしまったらどうするんだ!とかね。

でもやっぱ、見せなきゃいい。この一言に尽きます。
人の成長は千差万別。。俺みたいに悔しさだけを持って過ごした子供時代。。弟のように胃潰瘍になるまで精神的苦痛を受けてしまった人間。
厳しいことを言うけど、結局は自分自身が強くならなきゃいけないし乗り越えなくてはいけないことだと思うんです。

強くなりたくてもなれない子もいるでしょう。だーかーら、大人がいるんでしょ?親がいるんです。

今回、表現に問題ありと思うところもあると思うんですけど、苦情を言っている人は自分の都合だけですね。
あまりにも一方通行すぎる。
だって、子供を虐待している親が観たら?施設で働いている人で同じようなことをしている人が観たら?もしかすると自分を見つめなおすチャンスになっているかもしれない。自分の子供をこういう施設に入れちゃいけない。ちゃんと責任を持って子供を育てなくてはいけないって思い起こす人もいるかもしれない。
要は、観る人の感じ方で色々な方向に進むんです。世の中って、ドラマじゃないから。。生だから。。

親と過ごせない子供、心に病を持っている子供達、辛いだろうね。でもそれはドラマを見たからなのか?問題はそこじゃないはず。。

強くなってください!!

そのような境遇に置かれている子供達にも親がいます。当然ね、無責任な親が多いってことをもっと考えなければいけないんじゃないのか?
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM