2019’弁天カップ第2戦!

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 22:46

6月23日(日)お世話になっている弁天カップに参戦しました!

 

今の私にとって弁天カップが唯一の全戦参加できる大会となっていてとっても楽しみです。

第1戦は天候不良で中止となっていたので今回が実質の第1戦!

 

毎年、この季節はとても苦手。。なぜ苦手なのかな?と考えても答えが出てきません。

もう15年以上、この季節に弁天カップに参加しているのに毎年同じ様なことを繰り返しています。

 

今回は4月末の減水の時に釣れたお魚。。。葦のエグレ。ラインがすーーーっと走る良い感じ(^^)

5月は琵琶湖へ行く予定だったり海釣りの予定が天候不良で中止となり1か月以上、釣りをしていませんでした。

 

さぁ、いつものごとく直前練習からです。

今回、伊藤君がお子さんの運動会と被ってしまい参加不可。。雨だししゃーないか。。その後、友人にどうだい?って声をかけるも

皆さまお忙しい〜

その中、1年間陸にあがっていた兄さんが『土・日と空いてるよ〜』てことで一緒に釣りをすることに!!

 

6月22日(土)AM06:00ころ大山を南に向かって走ります。

最初のエリアはナサカのワンド。4月末よりは水も多く釣れそうな雰囲気ですね。

 

私はカエルで葦際をプカプカ、兄さんは1年ぶりのバス釣りです。巻物でスタート!!

葦を流して行くも反応なかったのですが、折り返してカエルをピクピクしてると黒い物体が水面まで身にきた!!!

『お!見に来た!!』でも(*´ε`*)チュッチュっとして戻るのでもう一回ピクっとすると反転して見るもののまたもやスッと戻ってしまいます。

兄さんにセンコーでフォローしてもらいましたが答えは返ってきませんでした。

 

その後、最近好きなエリアの鰐川へ。。おっと、ここまでガス10Lしか使ってない!すげーーーーーーーーエンジン!!

とある葦、4月末は入れなかったんですが今日は普通に入れた。カエル君を流していくとスッと出る。でも食わない・・・

(今)『兄さん、フォロー!』

(兄)『おっしゃ!』4インチセンコー・・・・・・・・ん?『あっ食ってる。』

1年ぶりのバス君は350gのカワイ子ちゃんでしたが、お魚居ますね〜

触るのをやめて、戻ります。

北利根の葦で同じ様なところを打って打って打ちまくる!!キーはエグレ。。でもいね〜〜〜

 

その後、いつもの木ジャカへ行ったものの電柱にエビもヌマチチブ?ゴリ?なーんもいねーーーー

ここではブレードジグを巻き巻き、ボート際まで追いかけてきたけど食わなかった。。。

その後、アタッタけど乗らなかったり。。下品なアタリで釣れたのはキャット君だったりで練習を終了〜〜

 

この日は南の風が暴風と化してランチングは大変でした。。。それでもバンクに乗せて。。ん〜トレーラーの上で暴れてる。。

ボートが真直ぐにならないのでなんで?とのぞき込むと右側のサイドバンクが外れとるがな・・・・・

 

ビショビショになりながら沖に出て外れたバンクを取り除いてもらい、トレーラーを浅く入れてもらい2回目はスッとランチング完了。。。どうもバンクのネジの部分が腐ってるっぽい。。4年?ん〜〜〜早すぎる。。

 

6月23日(日)

さぁ、本戦!!!ドキドキです。

お初にお目にかかる方なども居るみたいです。会員さん増えたのかな?

ボートを降ろし沖で待機です。エンジン1発始動で気持ちいい〜

兄さんを迎えに行きます。

7時40分!よ〜いドン!!!

とりあえず、釣れているエリアへ向かいます!!走っている間にエンジンアワーが10時間を越えました!!!我慢してました!

4千回転縛り!!その後、少しだけアクセルを開けて北利根!入りたい葦にはこの日大会のあった茨城チャプターの選手が入ってしまったので手前に葦。ここでも1匹釣っていたので、ゆっくりと50儡恭个念浦櫃離┘哀譟!!私はバスエネミーの3.5インチ

兄さんはセンコーや鉄板で狙いますが、無反応・・・

 

8時半ころに鰐川へ移動!!!鰐川に入り、無風の時間にゆっくりと同じように葦のエグレ!ここでは、3インチファットヤマセンコーエビパウダー仕様。兄さんは4インチセンコーで。。昨日釣ってますしね!!

 

9時過ぎ、葦際にビシッと入りフォールで『ゴンッ!!』

(今)『兄さん、キタ‼落ちパク!』このパターンしか釣れない。。。

食った後、葦から手前に走ってきましたがなんなくネットイン!!測ると800gくらいかな。。早い時間に1本獲れた!

 

この日はエグレをキーにしていたので短いストレッチで時間を使う作戦でした。

9時半を過ぎると予報通りで東の風が吹き始めて葦に波がアタリ初めてボートも押されて釣りずらい。。

でも魚は居る。。その後も何回か往復した後、ややっこしい木の塊の奥にospのワームをバックスライドで付けて木の隙間に落としていくと『コツッ』ん?アタッタなぁ〜でもここで合わせても木の隙間なので出てこれねーだろうしボートも押されるので取り込めない。

逆にすると護岸にエンジンがドカン!とぶつかるし。。ってことで合わせずにゆっくりと持ち上げます。

 

(今)『兄さん、食ってる。』

(兄)『おっ!』

(今)『でも捕れないかも。。。』持ち上げると重さがくっついてきた。。水面で魚の頭が見えた。。デカイ!!でもその瞬間

魚が口を開けてワームがプイっと出てきちゃった。。。あら?その後、魚はスッと戻って。。えーーーーーーそんなん事あるの?

 

これなら無理やり合わせてかけてから考えればよかったと後悔。。。。あんまりややっこしいとこで釣った経験の無さですね〜

気を取り直して場を休めるために葦を打ち直します。ルアーもバスエネミーにチェンジ!!

葦際に落とすと風がアタッてるので勝手に奥に入っていきますが、どうも魚はエグレの中でも浮いてるのか。。際に落として縦にスッと落ちないと食わない。。ピックアップの時に小さいバス君が『コココッ』と当たって水面に出たんですけど、針かかりしてね〜

10時までに3回出会って、ライブウエルにはお1人様。。。持ってねーなーーーーーー

それでもまだ4時間ある!2時間に1本作戦!と近場作戦と決めていたのに同様のエリアで北利根エリアへ移動。。

アタリ・・あ・り・ま・せ・ん。。。無駄に時間が過ぎていきます。

 

このころ、風も強くなってきたので東岸のリップラップエリアを見にいくことに。。この後、フィッシュラッシュ!!!

兄さんのクランク、スピナベに50僂離縫乾い肇ャット君!!!

 

私はヤマセンコーのノーシンカーをひたすらリップラップの隙間に落としていきますが、これまたニゴイとキャット君。。

ニゴイの口かかりはお初の経験でした。。。4本のうち1本でもバス君だったらなぁ〜

 

結局、釣れたのはエグレのみ。。。押し通せなかった。。。釣れた葦を中心に近所で茶を濁して入りなおすって手もあったんですけど。。我慢が足りないですね〜〜

760g!貴重なウエインバス!!遊んでくれてありがとう!!

隣りでこんなことになってるなんて気づかなかった(^^;)

秋の大会は昨年、、凸ちゃってるんでしっかりと釣りしてリベンジしたいです。

 

兄さん、2日間お付き合いいただきありがとうございました!

 

入賞された皆さん、おめでとうございます!!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM